甘えと自立
前にも書いたように、haruのイヤイヤが始まってからtomoには結構がまんさせてしまっている場面が多く、そのせいなのかわからないけど、最近特にtomoがイライラして怒る(泣く)事が多くなっている気がする。

何か物を探すときに、ろくにしっかり探しもせずにすぐ

こに?(怒泣)

と聞いたり、

何かちょっと失敗したりして注意された時には 

ってからんったん!(怒泣)」

と言い訳したり、

haruが泣き出したら必ず

tomoくん、んもってい!(怒泣)」

と自分のせいの時もそうでない時もわざとヒステリックに言ってみたり・・・。

(セリフの太字部分は高音で強調して言ってる感じ。ニュアンス伝わるかなぁ?)


こう言われた時、私やuzoicがどう対応してたかというと、

「もう一度よーく周りを探してみなさい!」とか

「わからんじゃなくて、次から気をつけなさい」とか

「tomoが○○したからharuが泣いたんでしょ?」とか

めちゃ正論で厳しく返してたのだ。


もう1年生だし、男の子だし、自分で考えて自分で行動できる自立した男になって欲しいと思って、あえてそういう態度を取ってたのだ。

でも・・・ある日ふと気が付いた。
haruがワガママ爆発して床に突っ伏して大泣きしている姿を見ている時に、「こんな風に感情大爆発で泣いたら、さぞかし気持ちいいだろうな~」と思ったのだ。
その時、「そういえばtomoは小さい頃からあまり感情爆発させて泣いたことなかったなー。心の中に色々ためこんでないのかな・・・」とふと考えた。

最近、イライラしてつっかかってくるのは、甘えているのではないか?
今しっかり甘えさせて、愛情の土台を作っとかないと、将来ちゃんと自立できないのではないか?
今色々とがまんさせてしまってたら、いつか爆発しちゃうんじゃないのか?

もう1年生じゃなくて、まだ1年生。
まだまだ甘えたい年頃だよね。
特にharuが生まれてからはガマンする事ばっかりだったはず。
ストレスもたまって、イライラもして当たり前だよね・・・。
自立を促すのは、しっかり甘えさせて、愛情をたっぷり与えて、自分に自信をつけてからでも遅くはない!

あー今気づいてよかった!
このまま厳しく接してたら、手遅れになるところだった・・・。たぶん。
それ以来、tomoが上のようにつっかかってきても、その言い分や感情を認めてから、一緒に物を探したり、教えたり、なぐさめたりするようにしてる。
一応気を付けているんだけど、せっぱつまっている時とかどーしてもこっちも厳しく返しちゃう時もあるけどね(笑)
でも、気づく前と後では全然違うはず。

まだまだイライラしてつっかかってくる事は多いtomoだけど、そのうち心の中に愛情や自信が満たされていって、いつかちゃんと自立してくれればいいなーと思う母なのでありました。



久々にまじめな内容になっちゃったので、先日友人宅へ遊びに行った時の写真をいくつか。

ウメガエモチちゃん親子と一緒に、共通の友人Sちゃん親子のお宅へ押しかけてきたのだー。

110821b.jpg
自宅にはない女の子のおもちゃたちに興味深々の兄貴たち

110821a.jpg
マイペースにボールプールで遊ぶharu

110821.jpg
ボールプールで暴れる男たちをうらやましそうに見つめる次男くんと冷静に見つめるharu
(ウメガエモチちゃんとこの兄弟は以前にプレゼントしたお揃いTシャツ着てくれてる♪)

110821c.jpg
そしてあまりの暴れっぷりに逃げ出してドアの外から見守るNちゃん(笑)

久しぶりに3親子で集まれたので、とっても楽しかったー♪
大変お騒がせしました!!
New自転車
4歳の頃から乗っている16インチの自転車
去年の夏には補助輪も外れ、しばらくそれに乗っていたのだけど、最近漕いでいる姿を見るとどうも膝がカゴに当たりそうで、ちょっと漕ぎにくそう。
実はまだまだスムーズに自転車の乗り回しているというレベルでもないんだけど、この乗りにくい自転車で練習するよりもサイズの合った物で練習した方がいいんじゃないか?という事で、新車購入することに。

そこで先週末向かったのは、株主優待券使用の関係で(笑)、近所の「サイクルベースあさひ」。
子供自転車コーナーに行くと、20インチ以上の子供自転車は、完全に女の子仕様と男の子仕様に分かれている様子。
女の子はデザインもカラーも豊富なキラキラかわいい自転車の数々。
男の子は、デザインの種類は少ないけど、かっこいいカラーリングで6段変速装備のマウンテンバイクの数々。

もう小学生ともなると、男女でこんなに違う物なのね。
私的には、男っぽすぎるMTBよりも、海外物のユニセックスなかっこいい自転車が好みなのだけど、ここは予算の関係でがまん(笑)

3機種に絞って、カラーも含めtomo本人にどれがいいか聞いてみるも、あまり乗り気じゃない様子・・・。
おいおい、あなたの自転車を選んでいるんですよー。
子供のころ、新しい自分の自転車ってかなりうれしかったけどなぁ。

本人がそこまで望んでないのに、新しい自転車を買う必要があるのか?とuzoicと悩んだけれど、tomoの場合欲しくなるのを待っているといつになるかわからないし、今の16インチの乗りにくい自転車でいくら練習してもこれ以上うまくならない気がする・・・と半ば強引に買う方向へ持っていく。

機種はなんとなく親が1つに絞って誘導し、カラーはどれがいいか聞くと、案の定「ほんとはtomoくんがいいっちゃけど・・・」との言葉。
紫はねー、かわいいパステルパープルなら女の子物であるけど、男の子にはない。

ネットで見たら、こんなのもあったけど。
これは子供用っていうより、大人のおしゃれ系小径自転車なのかな?

とにかく、紫はないので次に好きな色を聞くと、青との事。
という訳で・・・これに決めました!


カラーはこれのブルー。
派手ー。

この価格帯の割には、6段変速、CIデッキ、泥除け、チェーンカバー、サッカーボールの入るサイズの前かご、ディンプル式の鍵付き・・・となかなかの装備内容。

サイズは身長118くらいのtomoのジャストサイズの20インチ。
すぐに小さくなるかもしれないけど、tomoの場合あまり大きすぎると乗れない可能性があるので・・・。

110722.jpg

店舗ではあまり乗り気でなかったtomoも、持ち帰って早速乗ってみたら、やはり運転しやすかったらしく、スイスイこいで乗ってた。
気に入ったようでよかったよかった。
でも、スタンドを立てたり下ろしたりがまだスムーズじゃないんだよねー。
14kgもあって重いし、なかかなか難しいのかな?

何はともあれ、せっかく購入したNew自転車、大事に・・・というより、tomoの場合、たくさん乗って乗り倒してくれよー。
夏休みの間に、色んな場所へサイクリングに行って来い!パパかけんじいと一緒にね(笑)
父の日
父の日当日、uzoicは出張で不在。
帰宅もtomoが寝てからの予定だったので、tomoは似顔絵とお手紙を書いてサプライズで置いておいた。

出来上がった絵はこちら。

110619a.jpg

uzoicを知ってる人はわかると思うけど、アゴの尖り具合と髭の感じがよく似てる~!
小さい頃から絵心がないと思っていたけど、ここにきて少し上手になってきたかな?

寝る前にお得意の宝探し(tomo曰く「紙のめいろ(?)」紙で「○○を見ろ」などと次の目的地へ誘導するやつ)を色々と仕掛け、ゴールには昼間に一緒に選んでおいた、ビールのおつまみスナック数点と共にお手紙をセット。

110619b.jpg

「OMEDETO

おかえり

これたべて、ビールをのんで、ゆっくりしてね。

いつもあそんでくれてありがとう。

おしごとがんばってね♡」

パパ、感涙(笑)

小学校生活が始まって
tomoが小学校に行き出して、1週間がたった。
今週からは給食も始まり、いきなり5時間授業!脱ゆとり~。
帰りは15時半くらい。
なので、習い事のピアノや水泳も結構バタバタ。
宿題のプリントも毎日出るし、ドラゼミもピアノの練習もあるし、今どきの小学生はなかなか忙しい。

とはいえ、毎日楽しく元気に通っている・・・のはいるのだけど、1週間にしてすでに何やら色々とやらかしている様子。


校庭の遊具をみんなで一通り見て試して回ってっていた時に、ジャングルジムみたいなとこで頭を強打したり。

木製ののぼり棒に登っていた時に、手にトゲが刺さって、先生方が抜くのに30分くらい奮闘したり。

校庭を走っていた時に、地面に張ってあるロープにつまずいて派手に宙返りするほど転んだり。

給食でスープをズボンに派手にこぼして、帰りは体操服ズボンで帰ってきたり。

雨の日に着て行ったレインコートを教室に忘れそうになり、それを持って外まで追いかけてきてくれた先生と行き違いになって帰宅時間が遅れたり。

帰り道の途中の広場で、お友達とランドセル置いてつい遊んじゃって、帰宅が遅くなったり。

学校にふでばこを忘れてきたり。

・・・などなど。
小さいハプニングがありつつも、学校は楽しいみたい。

まだ毎朝何か忘れそうになるし、近所の子との待ち合わせ時間直前になってトイレに入ったりして、見てるこっちはやきもきしてるのだけど、大丈夫かなぁ。
こうやってみんな少しずつ成長していくのかな。

110420.jpg
行ってらっしゃ~い!

成長といえば、学校以外でも変化が。

まずはスイミング。
春休みの間に、1人でバスに乗って行って帰ってくるようにはなってたのだけど、最後の1歩、バス停までは迎えに来て欲しいと言われていたのが、もう家から1人で行って帰って来られるようになった!
ま、バス停は徒歩3分の通ってた幼稚園前なので、小学校より全然近いんだけどね。

でも、学校の帰りが遅くなったので、16時半くらいからのレッスンになり、大勢の小学生たちと一緒にレッスンを受け、帰ってくるのは18時過ぎ。
こちらはちょうど夕飯の準備ができるので、1人で行って帰ってもらえるようになって、随分楽になった。
その分、haruのかまって攻撃がギャーギャーと時々うるさいけど(笑)
スイミングでは別の学校になったお友達ともたくさん会えるので、楽しく通えてるみたい。


そしてピアノ。
こちらはこれまでと同じく、幼稚園に通っているのだけど、15時半からなのでギリギリ。
まだ5時間授業になってからはやってないのだけど、その日は急ぎめに帰ってきてもらって、幼稚園前で待ち合わせてピアノに直行する予定。大丈夫かな・・・。
あまりギリギリすぎるようなら、時間変更してもらわなきゃな。

7月には発表会があるので、今はその特訓中。
3月に楽譜を渡された時は、こんなの弾けるのか~?と思ってたけど、今じゃ~両手で暗譜で随分スラスラと弾けるようになったのでびっくり。
自分でも弾けるのが楽しいみたいで、時間がある時はすすんで練習してる。


それからもう1つ成長したこと。
それはお風呂。
これまでは大人と一緒に入ってるのはもちろん、お恥ずかしながら頭や体を洗うのも大人が洗ってあげてたのだけど、幼稚園の女の子のお友達のママたちに話を聞くと、お姉ちゃんがいる子たちなんかはもう随分前から姉妹だけでお風呂に入ってると言うではないか。
そうか~。もう1人でも入れる歳になってきてるのか~。目からウロコ。

それでtomoに1人で入ってみるように提案。
最初は一緒に入って、洗うのだけを自分でやらせてみて。
大丈夫そうだったので、思い切って1人で入らせてみた。
すると、本人も思いのほか1人でゆっくり入るのが楽しかったみたいで、それ以来1人で入れるように!

夕食後の時間帯ってバタバタで、ちょっと片付けとかがずれ込むとお風呂も遅くなり、すぐに寝る時間が21時半とか22時近くになってたりしたけど、1人で入れるようになったので、私が夕食の片付けをしている間に入れてとっても効率がいい!
お陰で、20時半にはベッドに入れるようになった。
しかも、haruも一緒に子供2人と入るのは正直疲れてたので、助かる~(笑)

もちろんパパが休みの日とか、早く帰ってきた日とかは一緒に入ったりするけど、基本的には今は1人。
随分成長したもんだなぁ。


そんなこんなで、心身ともに成長しているtomo。
これからもどんどん自立して、頼もしい男の子になって欲しいな~。
小学校入学へ向けて
早いもので、4月からはいよいよtomoもピカピカの小学生。
今までの幼稚園は、親と一緒に通園、帰りもお迎えか先生の送りつき。
でも小学校からは、1人で通学しなければならないのだ~。

tomoの通う小学校は、徒歩で片道20分強の距離。
もっと近い場所に小学校があるのだけど、校区が違うんだよね~。
いきなり1人で行けっていうのも不安なので(親も)、春休みのうちに近所のお友達と歩行訓練しておこうということに。

同じ団地内の幼稚園でも同じクラスだったお友達のYちゃんと待ち合わせ、最初は親たちも一緒に小学校まで往復。
途中、tomoが腹痛を訴えイートインスペースのあるパン屋さんのトイレをお借りするというハプニングもあり(緊張?)、だらだらと子供らのペースで歩いていたら、往復で1時間弱もかかってしまった・・・。
途中、交通量もそこそこあるけど信号のない横断歩道もあるので、そこが一番のポイントかな。

無事に帰りつき一息ついてから、今度は子供ら2人だけで小学校へ。
Yちゃんママとお茶飲みながら、40分はかかるだろうね~と話をしていたら、30分であっという間に息を切らせて帰ってきた!
どうやら、帰りは「マラソン」して帰ってきたらしい。
早く家に帰りつきたかったのかなー。

どちらにせよ、2人だけで無事に往復できたのでよしとするかな。



最後に、ママ友がtomoに質問。
「もし、知らないおばちゃんが、道を聞いてきたらどうする?」

tomoはすっごく迷っていて、「困ってるならおしえてあげたほうがいいかな・・・?」と自信なさげに答えていた。
でも、正解は
知りません」ときっぱり言って放っておくというもの。

「普通の人ならね、もし道がわからなかったら、子供に聞かないでちゃんとした大人の人に聞くからね。子供に道を聞いてくることって普通は無いから、もし聞いてきても『知らない』と言って無視するんだよ。」との事。
なるほど・・・。

他にも、よくある「私はお母さんのお友達だけど、お母さんが事故にあって病院にいるから、○○くんを連れてくるように頼まれたから、一緒に行こう」とかいうバージョン。

これも、子供は事前に知らなければ、びっくりして信じちゃうかもね。
事前に、もし本当にこういった事態になったら、ママかパパかじいちゃんかばあちゃんしか迎えに来ないから、絶対知らない人には付いていかないようにと教えておいた。

どれも、去年実際にあって緊急メールで回ってきた例らしい。怖いなー。
変質者(?)って男の人が多いかと思ってたけど、案外おばさんとかもいるらしい。
tomoはこんな話を聞いて、ちょっと緊張して固まってたけど(笑)、事前に防犯知識として知っておかないとね。
もちろん、防犯ブザーも用意済み。



先日、新入学の女の子にプレゼントしたのはこちらのかわいいブザー。

デコシールでさらにかわいくなるらしい。
女の子喜びそう~。
 

入学時に配布される物があるらしいけど、とってもチャチなんだって。
上のブルーのタイプ、ためしにピンを抜いてみたけど、結構な音量。
間違って抜けたり、いたずらで抜いたりしないようにしなくちゃね。

色々心配もあるけれど、もう心配したって仕方ないよね。
親は子供を信じて見守るしかない。
こうやって子供は少しずつ自立していくのね・・・。

それにしても、自分たちが小さい頃には、幼稚園でさえ1人で登園してたのになー。
物騒な世の中になったものだ・・・。
プロフィール

kaoringo

Author:kaoringo
2004年10月9日生まれの息子
「tomo」と
2009年12月11日生まれの娘
「haru」の母
パート薬剤師

メインサイトは「Ringoic Home

MY PAGE
最新記事
最新のコメント
Instagram
Twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
カウンター
いくつになったの
RSSフィード