カラーボックスで手作りままごとキッチン・製作過程の補足~ねじ止め位置について<追記あり&訂正あり>
数年前に作った、カラーボックスを使った手作りままごとキッチン。

その製作過程を、当時自分なりに詳しくまとめていたのだけど、その記事を今でも参考にしてくれて、自分も作ってみました!と報告してくれる人も何人かいてとっても嬉しく思っているのだけど。
今自分で当時書いた記事を読み返してみると、ねじの位置や金具の位置など、途中の肝心な部分が説明不足だな~と感じるように。
(実際、それに関する質問もよくある)

なので今回、新たにその部分を補足説明することにしましたー。

まず、製作第4日目の補足で、棚部分や天板土台部分のねじ位置。

なかなか説明しづらいので、完成品を見たり当時を思い返しながら、下手くそな手書きの図で表してみました!(笑)
わかるかなぁ~??

<棚部分のねじ位置>

k44.jpg

赤や青や黒の矢印部分がねじの位置。
色分けしているのは特に意味はなく、全て同じ木ネジを使ってます。
ただ、底部、側面部、背面部で色分けしただけ~。

背板は2枚使ってるけど、特にその2枚をねじなどでつなげてる訳でなく、一応ボンドで留めて、天板や棚板へそれぞれネジ締め固定してるだけ。
I型金具みたいなので固定した方がいいのかなぁ?
ま、今の所不具合はないけどね。


<2013.12.9訂正&追記>
上記ねじ位置の画像に間違いがありました。
側面と背面のねじ留め位置が不足していました。
正しくはこちらの画像。

k44a.jpg

赤の指差し印部分6か所のねじ位置が足りませんでした。
もし参考にされた方がいらっしゃったら、申し訳ありませんでした。
ご指摘くださった方、ありがとうございました!



<天板土台部分>

k42.jpg

こちらも矢印がねじ位置。
これもただ前後から4本ずつでネジ固定してるだけ。

全てねじは下穴を開けてから締めています。


お次は製作第5日目の補足。
カラーボックス、天板土台、天板&棚を金具で留めるところ。

まず、天板と天板土台はこんな感じでL型金具で固定。

k41.jpg

そして天板土台とカラーボックスはこんな感じでT型金具で固定。

k40.jpg

それぞれ位置はこんな感じで適当に4か所ずつ留めてる。

k43.jpg

ⓁがL型金具、ⓉがT型金具のこと。
金具類も全てねじの下穴をあけてネジ締めしてます。


以上、ままごとキッチン製作の補足でした!

とにかく、DIYの基礎も何も知らないズブの素人が、頭の中で考えた事を自分なりに形にしただけなので、詳しい人が見ると作り方に変な部分があるかもしれないのであしからず。
参考にする方は自己責任でお願いしますm(__)m
キッチンを手作りする人の、少しでも参考になるといいな♪
DIYに詳しい方、もっといい方法などもしあれば、アドバイス頂けると嬉しいです。

<2012.12.20追記>
最近の、子供がキッチンで遊んでいる様子がなかったので、写真をアップ。

k45.jpg

身長約90㎝の3歳前の娘が遊んでいる様子。


k46.jpg

身長的にはぴったり。
一番上の棚に置いてある物は、背伸びしたら取れる高さ。

2歳後半くらいから、特によくお料理の真似事して遊ぶように。

ウォールステッカーで傷隠し
昨日のtomoの誕生日の記事で、最近イライラする事が多いと書いたけど、先日ついにやっちゃった!

121009w.jpg

ソファ後ろの子供部屋入口の引き戸。
この写真じゃあまりわからないと思うけど、寄って行くと・・・

121009v.jpg

これ!
そう、引き戸をイライラしてる時に蹴っちゃったみたいで、割れちゃったのだ~(泣)
あれ?どこかで聞いたことある話?(笑)
この親にしてこの子ありですな・・・。反省。

ところで、この傷を治すためには、これは修理は恐らく不可能でドアを取り替える事になるので予算が結構かかる。
それに壊してすぐに修理しちゃうってのも、本人が反省しないかなーと思い、しばらく放置することに。
でもね。やっぱり気になる。
幸いソファの後ろだったのであまり目立たない場所ではあるけど、子供部屋には頻繁に出入りするし、どうしても目につくんだよね。

・・・という訳で、色々対処法を検討した結果、こんないい物を発見!



シールみたいに壁に転写するタイプのウォールステッカー。
貼るのも簡単そうだし、飽きてもすぐに剥がせるのも魅力。
こちらのショップには、オシャレなデザインのステッカーが本当にたくさんあって、迷った~。
丁度傷が隠せそうなデザインを探して、ビルやタワーシルエットのやつに決定。
色はブラックは売り切れだったので、部屋に馴染みそうなグレーにしてみた。

早速貼ってみたのがこちら。

121009u.jpg

どう?かわいすぎ?
なかなかいい感じじゃない?

肝心の傷の方は・・・

121009y.jpg

高さのあるタワーのシートでうまく隠してみた。
よ~く見るとちょっと傷がはみ出てるのだけど、そんなにわからないでしょ?

121009z.jpg

遠目だとこんな感じ。
なんか、男の子部屋ってより女の子っぽくなっちゃったけど、子供部屋っぽくかわいくていいんじゃないでしょうか~。

貼るのは思ったより簡単だった!
200円OFFで自分で型抜きするタイプもあったけど、今回はすぐに貼りたかったのでアプリケーション付きでパターンカットしてすぐに貼れるタイプに。
貼り方は商品HPに詳しく書いてあるので、それを参考にしたら30分以内でできたんじゃないかな。
1つ1つパーツを切り取って、HP画像の完成図を参考にしながら自分で配置するので、ちょっと緊張するけどね。
しっかりスキージーで転写する前なら、貼ったり剥がしたりできるから安心。
簡単に部屋のイメージが変わるし、何より傷も隠せるし(笑)、気に入った!

今回せっかくシート1枚購入するなら・・・と別デザインもついでに注文。
ちょっと物足りなかった子供部屋の押入れ引き戸に貼ってみた。

 

かわいい身長計のデザインと、小鳥と枝のデザイン2種。
貼ってみた感じはこちら。

121009t.jpg

う~んちょっとごちゃついてる?
身長計だけでよかったかなー。

121009x.jpg

小鳥デザインの方は、全部貼ったらごちゃごちゃしすぎだと思って、部屋の反対側の角の壁と2つにパーツを分けて貼ってみた。
身長計はいいのを持っていなくて、これまで柱にマスキングテープで印つけてたんだけど、これならデザインもかわいくてかさばらなくていい!
自分たちでもすぐに測れるしね。

そうそう、色は7色ある中なぜこの色にしたかというと、子供部屋のテーマカラーを一応ライムグリーンと決めてるから。(私が勝手に。)

だからこの部屋にはライムグリーンの小物がたくさんあるのだー。

121009.jpg

ゴチャゴチャしがちな子供部屋も、テーマカラーを決めてたら少しはマシかな~と思って。
全部貼ってみて、少しうるさいかなーとも思ったけど、まぁ子供部屋だし少しくらい賑やかでもいいかな?
飽きたり嫌になったら簡単に剥がせるしね!

今回はグレーとシトロンを使ったけど、ブラックはハッキリしててモダンでオシャレな感じ!
簡単に貼れるし、剥がすのも簡単なので、賃貸でもOKなのもいい。
私も次は、味気ないトイレにちょこっと貼るのもいいかな~なんて妄想中。

手軽にお部屋をおしゃれにイメージチェンジできるウォールステッカー、オススメです!



今回お世話になったのはこちらのショップ。
インテリアショップ 【ハリー】

もういろんな種類のウォールステッカーを取り揃えていて、目移りしちゃう!

  

他にも素敵なデザインがたくさん!

時計タイプもあるのだ!オシャレー!

  

お値段もお手頃なお手軽シールタイプのステッカーも!

  
手作りままごとキッチンにキッズテーブルをプラス
去年のharuの誕生日に手作りままごとキッチンに収納棚をプラスしたついでに、キッズテーブルを新たに設置してみた。

うちのままごとキッチンはコンパクトなので、シンクとコンロの他にはあまりスペースがなく、テーブルがあったらままごと遊びが広がってさらに充実するだろうな~と思っていたのだけど、スペースの問題で躊躇してたのだ。
でもやっぱりあった方が便利だろうと思い、色々と検討して選んだのがこちら。


決め手は、手持ちのキコリの小イスと合わせて使えて、幼児2人くらいが座っておやつが食べられるくらいのサイズってところ。


この小イスとセットのテーブルも持っていて今はharuがお絵かきに使ってるんだけど、ちょっと小さいサイズなんだよね。

小イスに合わせるなら、これもかわいい。
実際レビューとか読んでみても、サイズといい質感といいキコリの小イスとの相性は抜群らしい。
ただ、やっぱりちょっとサイズが小さいんだよね~。

てな訳で選んだNa Kidsのキッズテーブル。
大きさもちょうどよかったんだけど、高さがちょっと思ってたより低かった~。
いや、サイズ表記は確認してたからわかってたんだけど、実際haruを座らせてみるとやはりちと厳しかったのだ。

キコリの小イスに座らせてみるとこんな感じ。



ちょっと太もも部分が窮屈そう。
haruが細めだから今の所大丈夫だけど、そのうち厳しくなってくるだろうし。
ちなみに、7歳のtomoや大人は、商品写真と同じように床に直接座った状態でちょうどいい感じ。
だけど、2歳のharuにはまだ直座りだとテーブルが微妙に高い・・・。
むむ~どうするか。

もう数年もして身長が伸びれば小イスなんていらなくなるだろうから、一時的にテーブルの高さをちょこっと高くできないか?
色々と方法を考えてみたけど、素人のDIY方法だと安全面が心配だし、将来的に元の状態に戻す方法が思いつかなかったので、今回は便利グッズ(?)を利用する事に。

使ってみたのはこちら。
近所のホームセンターで見つけたのだけど、本来の目的はこたつの脚に継ぎ足して高さを高くして、こたつに横向きにごろんと横になりたい人用らしい(笑)
価格は確か700円くらいで微妙に高いし、大きさも大きすぎるしでかなり迷ったのだけど、他に方法がどうしても思いつかなかったので思い切って購入!
んで、使ってみた感じはこちら。

120325b.jpg

う~ん、高さはバッチリ!
太ももとテーブルの間にも余裕があるし天板がおへそあたりになってちょうどよくなって、目論見通り!
でもやっぱり黒い色といい、大きさといい、存在感ありすぎ~(笑)

でももう買っちゃったし、使い勝手はいいので、なんとか目立たないようにしようと考えましたよ。
これまた自己満足の結果がこちら!

DSC01632.jpg

ぷぷっ。
余り布とレースで、継ぎ脚をかわいくデコ!?
無理ありすぎ?(笑)
余り布を継ぎ脚の展開図で切り抜き、レースを縫いつけて、本体には強力両面テープで貼りつけただけ。
はい、自己満足です。
でも、真っ黒のままよりも圧迫感減ったよね?少しはかわいくなったよね?

期間限定使用なので、しばらくはこれで使ってみることに。
継ぎ脚、大きいので邪魔だけど、底に床を傷つけないためのフタがついていて、そのお陰でコルクマットの上をするすると軽い力でスムーズに動くように。
haruも自分で押して動かせるようになったので、そこはよかったかな。

テーブル自体はすごくいい商品で、シンプルで作りもしっかりしてるし、使わない時は折り畳みもできて、子供が大きくなっても使えそうだしかなりオススメ。
レビューとか見ると、2歳児くらいでも床に直座りで使ってる人もいるみたいなのでわざわざイスとセットで使う必要なかったかも。
でも個人的にはおやつとかはいいけど、お絵かきとかするにはやっぱりちょっとテーブル高さは高いんじゃないかな~と感じるかな。

まぁただ単に私の憧れ(?)で、haruがイスに人形を座らせてもう1つに自分が座って人形相手におままごとしてる姿とか、お友達と2人でイスに座ってお絵かきしたりおやつ食べたりする姿を見たかったんだよーっ!
(だからキコリの小イスも2つ持ってるという・・・)

現在、haruはお人形相手にままごとはあまりせず、もっぱら親相手なのだけど、テーブルは毎日大活躍中。
ままごと遊びにちょっとしたテーブル、オススメです♪



こちらの座卓タイプ以外にも、イスとセットで使うテーブルタイプも。

最後の肘無しタイプは、わが家のリビングテーブルの高さにぴったりだったので1つ持っているけれど、キコリの小イスよりも座面が少し高くて長く使えるし(小1tomoも時々座ってる)すわり心地もよさそうでオススメ。

こたつ継ぎ脚、もう少し小さそうなサイズもあったなぁ・・・。
ま、存在感ありまくるのには変わりないけどね。
本来の使い方には評判も上々のよう。
こたつ使用の方はぜひチェック!
カラーボックスで手作りままごとキッチン~引き出しにストッパーを付ける
わが家のカラーボックスで作った手作りままごとキッチンの話を前にちょこっと書いたけど、そのプチ改良を最近行ったのでご紹介。

◆当時の製作日記はこちら→カラーボックスで手作りままごとキッチン

わが家のキッチン。
レンジとかは無いし、装飾も一切無しでシンプルなんだけど、まぁそこそこ収納もあるし見た目すっきりで結構気に入ってる(私が。たぶん子供たちも・・・)
ただ、実は唯一気になる点があったのだ。
それは引き出し収納の引き出し部分。

120312f.jpg
↑これね。

この部分、自分で作るのが面倒で、割高だけど市販の引き出しパーツを購入して入れてるんだけど。

この引き出しがねー。
ストッパーがついてないので、引き出しを引っ張りすぎると落ちちゃうのだ。
これって、子供が使うには結構危険だよね。
わが家の子供らは幸い(?)あまり乱暴ではなく引き出しを出し切った事がないので、今までケガした事はないのだけど、一度お友達が遊びに来たときにバーッと勢いよく引き出しちゃって、引き出しが床に落ちちゃって。
幸いケガはなかったけど、これは危ないからなんとかしなければ!と常々思ってたのだ。

最近やっとこの部分を改良したので、ちょっとご紹介~。

まずこの引き出しパーツは、レールが付属でついていて、そのレール部分がこんな感じになっていた。

120312a.jpg

レールの真ん中に溝が開いていて、手前はオープンじゃなくてくるっと閉じてる。(意味伝わる?)

ここで閃いた!
最近ネット通販で購入して自分で組み立てた、キッチンの隙間収納の引き出しストッパーの仕組みがそっくりそのまま使えそう!!

120312b.jpg

まず、引き出しの溝の一番奥の部分にドリルかなんかで穴を開ける。

そしてここで必要なのがこんなパーツ。

120312c.jpg

これ、実は例のキッチン隙間収納の予備の部品が余ってたのでそのまま利用したんだけど。
もし適当なのが無ければ、ボルトみたいに頭と足のある部品や、木ダボなんかでも代用できると思う。

これを、先ほど開けた穴に内側から差し込んで・・・

120312d.jpg

ここでポイント!
パーツを差し込むのは、引き出しをレールにセットして半分開けた状態で差し込む事。
こうすることで、パーツの足の部分がレールの真ん中の溝部分にぴったりハマり、レール手前のくるっと閉じてる部分で丁度ひっかかるので落下防止になるって仕組み。
あ~写真と説明が下手でごめんなさい。伝わったかな?

左右両方の溝にパーツをセットしたら完成♪

120312e.jpg

これで、写真のようにこの部分でストップ。
引き出しが落下する事もなくなりました~。


今回、レール部分が中央溝あり、手前が閉じてるバージョン(?)だったのでこの仕組みが使えたけど、中にはレールに溝がなかったり、手前が閉じてなくてオープンなタイプの引き出しもあるかも。
そういった引き出しにストッパーをつけたい場合は、引き出しを半開きの状態にして、引き出しの上部(天井?)手前中央部分に適当な厚みの端材か何かをしっかりボンドとかネジで固定すればOK。
そうすれば、引き出しを引っ張り出したときに、引き出しの奥の面がちょうどその端材にひっかかるので落下防止になるのではないかと。
自分で試しては無いけど、うちにある10年前くらいに買った無印のドレッサーの引き出しがそういった仕組みのストッパーだったので、いけるんじゃないかな?
あ~これまた説明下手でごめんなさい。ちゃんと伝わってるか不安~。

もし質問等あれば、私にわかる範囲でお答えしますので、気軽にコメントください。

あ、そうそう、子供への危険防止という意味ではこのキッチン、引き出し落下の他にも、天板の角が結構するどいので危ないと思う。
なので、わが家では市販のコーナーガード(角クッション?)利用中。
お試しあれ。

手作りままごとキッチンに収納棚をプラス
わが家にあるままごとキッチンは、3年以上前に私がカラーボックスを使って作った手作りの力作!
kitchen.jpg
(写真は完成当時の使い回し)

◆当時の製作日記はこちら→カラーボックスで手作りままごとキッチン
◆キッチンの詳しい紹介はこちら→手作りままごとキッチン

いまだに「カラーボックス」「手作り」「ままごとキッチン」なんかの検索で見に来てくれている人がたくさんいるようで。
時々作り方について質問してくれたり、「おかげさまで完成しました!」な~んて報告メールやコメントなんかを頂いたりすると、当時これでもかというくらい(笑)、事細かにブログに記録していた甲斐があったな~なんて思ったりして。ありがたや~。

そして、久しぶりにままごとキッチン関連の記事を更新しようかなーと。
というのも、去年のharuの2歳の誕生日の時に、新たにままごとグッズを大量入手したので、キッチン内に収まりきらなくなりまして。
新たな収納を設置したので、ちょこっとその紹介。

本当なら、またカラーボックスを使って手作り冷蔵庫を!なんて妄想してたのだけど、現実は厳しくて。
小1男子と2歳女子で共有している子供部屋には、異性なこともあり2人分のおもちゃが大量にあるので、もうそんなちゃんとした(?)収納を置くスペースは無くなってしまったのだ~。

そこで苦肉の策で設置したのがこちら。

120205g.jpg

かなりスリムなスペースユニット。
しかも、カラーもホワイトとライトメープルカラーで、わが家のキッチンの色目と似ていて違和感もあまり無し!素晴らしい~。


本体には棚板が2枚しか付属していなかったので、追加棚板をさらに3枚追加して、収納部分を6段増加。

収納力もかなりアップ!

ちなみに、収納に使っているケース類は、ままごとグッズについていた木箱の他は、全て100均。
棚の内寸をしっかり測って、100円ショップでピッタリのケースを探しまくって見つけたのがこちら。

120205a.jpg

ナチュラルなプリントがかわいい、細長い木箱。
取っ手の穴がハート型なのがかわいすぎてちと惜しいけど(笑・普通の楕円でいいのになー)、2本並べると棚にピッタリでサイズ的にはばっちり。
この他にもピッタリサイズのプラケースもゲットして収納は完璧!
・・・かと思いきや、せっかくグッズの収納にぴったりのケースを用意しても、きちんとお片付けできなければ意味がない。
私が勝手に「この箱にはこれを入れる」と決めても、子供が理解してなきゃ、ケースの中身がぐちゃぐちゃになってしまう~。

という事で、こんなひと工夫してみた。

120205b.jpg

ケースそれぞれに、中に入れるままごとグッズの写真シールを貼ってみたのだ!
これなら字がまだ読めない2歳児でもちゃんと理解できるはず。
そのままシールを貼っても目立たないしかわいくないので、お気に入りのマスキングテープを貼ってからシールをペタ。

120205h.jpg

全てのケース、容器、ままごとキッチンの引き出しにも同じように写真シールを貼って、きちんと自分でお片付けができるようにしてみた。
ついでに、兄のおもちゃが色々入っているケースなんかにも同じような工夫で写真シールを貼って、片付けしやすいようにしてみた。



シールにする写真は、商品を取り扱っているネットショップの画像を拝借したり、自分でカメラで撮ったものを使ったり。
とにかく、視覚的にわかりやすいので、格段にお片付け率がアップしたことは確か。
今後、お友達が遊びに来て一緒にお片付けする事があっても、お手伝いしてもらいやすいかな~と。

増えていくままごとグッズの収納に困っている方、狭いスペースにも置けるこちらのスペースユニットはかなりオススメ!
そして、子供のお片付けに困っている方、写真シールを使ったお片付け術、一度お試しあれ!!

タイミングよく(?)、この週末は楽天久々のポイント高倍率&スーパーセール開催予定らしいよ~(笑)




次回は、上の写真にもちらっと写っている、ままごと遊びに欠かせないテーブルについて紹介予定。(たぶん)

(※今回の記事はDIYではないけれど、手作りままごとキッチンの記事と関連させたかったので、カテゴリはあえて「DIY」にしてみました)
プロフィール

kaoringo

Author:kaoringo
2004年10月9日生まれの息子
「tomo」と
2009年12月11日生まれの娘
「haru」の母
パート薬剤師

メインサイトは「Ringoic Home

MY PAGE
最新記事
最新のコメント
Instagram
Twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
カウンター
いくつになったの
RSSフィード