七五三〜haru7歳

11月の中旬、haruの7歳の七五三詣りをしてきた。

161113a.jpg

場所は、三歳詣りの時もお世話になった、筥崎天満宮。
着物は、みーママの知人にお借りした総絞りの立派なもの。
着付けやヘアセットも全てみーママにお願いして、写真撮影なども特にプロにお願いしないので、気楽なもん(笑)

161113b.jpg

とにかく着物が素敵で、親バカながらharuにもとっても似合ってたのでよかった!

161113c.jpg

母お手製カーディガンを着た兄とも記念に。

161113e.jpg

七五三も最後だし、両家両親にも来てもらって、総勢8名でお詣りできて何より。

161113d.jpg

天気も薄曇りながらいい気候で、体調も崩すことなく、無事にお詣りできてホッとしたー!
素人が撮った写真しかないけど、いい記念になったかな。

161113f.jpg

お詣り後は、近くのホテルに移動して食事会。
haruは着物から、これまた母お手製ワンピースに着替えて♪
大きなツリーにも合う、お上品な感じで高評でした!(中身は全然お上品ではないけどね。)

これからもますます健やかに!
ハロウィン★2016
今年のハロウィンは、近所のお友達を呼んで、一応それっぽく仮装してみた!

161031.jpg

haruは以前ディズニー旅行で着たミニーちゃんの格好、他2人もシンデレラと魔女の格好でかわいい♡
一応仮装で写真は撮ったけど、他はオヤツ食べまくって、普通にたくさん遊んで、いつものごとくグダグタなハロウィンでしたー。

でも、子どもたち楽しそうだったので、よし!
中国地方旅行(岩国〜倉敷〜鳥取〜島根)③
3日目。

161010a.jpg

温泉も料理も部屋もお庭も最高だった「ホテル玉泉」を後に、旅行最終日の目的地へ。
せっかくの島根、もちろん出雲大社でしょ!…と思いきや、まさかの「ドラゴンメイズ」!(笑)

161010b.jpg

出雲大社に行きたかったのはやまやまなんだけど、移動距離と時間、子どもらが楽しめるかどうかも含めて検討した結果、巨大迷路の勝ち(笑)
出雲大社はいずれまた大人だけの旅でリベンジしてやる〜。

161010c.jpg

いい感じでB級感漂う雰囲気の中、巨大迷路自体は結構本格的!
距離も長いし、アトラクション的要素もあり、楽しめた〜。
迷路を楽しんだ後、長い移動の帰路に着く前にもう1ヶ所公園へ。

161010d.jpg

三成遊園地」という長いローラーコースターのある公園で、簡易テントを持って行って、途中コンビニで買ったおにぎりやお弁当でお昼を食べたりピクニックがてら結構長いこと楽しんだ。
自然いっぱいの広々とした公園であまりにのんびりしてしまい、ここが島根の奥出雲で福岡から400kmも離れている事をうっかり忘れそうに・・・。
いやいや夜までには帰らねばと、子ども達を十分体を動かして疲れさせた後で一気に高速で帰路に。

161010e.jpg
闇夜に浮かぶ関門海峡。

実質移動時間5時間。
途中のSAで夕飯食べたり休憩したりしながら、やっとこさ自宅に帰り着いたのでした。


今回の旅の目的地だった鳥取砂丘は十分満喫できてよかったのだけど、いや~とにかく遠かった!
トータル移動距離約1200km!!
春の四国の旅もなかなかの移動距離だったけど、1000kmは越えてなかったもんね。
中国地方、1つ1つをゆっくり観られるのに素通りしたスポットがたくさんあったので、また改めて行ってみたい。
しまなみ海道とか厳島神社とか出雲大社とか隠岐の島とかね。

パパさん、長時間運転お疲れ様でした!(笑)
中国地方旅行(岩国〜倉敷〜鳥取〜島根)②
2日目。

161009a.jpg

美味しい朝食も頂いて、居心地のよかった宿「鶴形」を朝早く出発。

161009.jpg

朝の倉敷の街並みを散歩して。
その後は車で一気に北上!
この旅のメインの目的地、鳥取砂丘へ!

161009b.jpg

3時間弱かかって、やっとこさ到着〜。遠かったー!

161009c.jpg

めちゃ広い砂浜に駆け出す子ら!
はしゃぐ大人たち!
観光客もそれなりに多いけど、広大なので全然気にならない。

事前に調べて、ソリを持って行って砂滑りができると情報を得ていたので、プラスチックのソリを持って行ったんだけど、周囲を見渡してもだれもそんなのもっている人がいない…。
でも、はるばる福岡からわざわざ持って行ったんだし滑らないと!と勇気を出して持って砂丘を移動、適当な斜面を見つけて滑る事数回…。

「ちょっと、すみません!この辺りはソリ遊び禁止です!」

と、係員らしき人に注意されてしまった…(恥)

話をよく聞くと、丘になっている部分から、海側に向かって滑るのはOKとの事。
私らが陸側に向かって滑ってたのがダメだったのね〜。
確かに、あまりに急斜面で、危ないな〜とは思ってたの(汗)
すみませんでした!

161009d.jpg

慌てて海側に移動してからは、何度も滑る滑る!

161009e.jpg

海風が強いものの、適度な距離の適度な斜面で、滑りやすい!(笑)
あまり距離が長いと、ソリ持って登るのも大変だからね。
大人も子どもも思う存分滑りまくって、十分に満喫してから移動。
めっちゃ足腰の鍛錬になったんじゃないかな。

161009f.jpg
砂丘に風でできる模様「風紋」というらしい。

ポケモンGOにハマっているtomoは、砂丘のポケストップ群も楽しみにしてたんだけど、あまりに広大な空間に、歩いて巡るのは諦めてた。
確かに圧巻だった〜(笑)

161009g.jpg

1度は行ってみたいと思っていた砂丘。
移動が大変だったけど、行ってよかった!
これから行かれるお子さま連れの方は、ソリ持参をお勧めします。楽しすぎるので。
ただし、滑るのは海側の斜面のみで!
(※ただし、2016年10月時点の情報のため、今現在可能かどうかは確認をお願いします。)

ちなみに持って行ったソリはこんなの。

大きめでしっかりしてて2枚入り、近所の公園の草スキーとか冬に雪が降った時なども使えてよかった!

161009h.jpg

併設の砂丘会館で遅めの昼食を取り、その後近くの「こどもの国」へ移動。
この後、島根へのまた長い移動があるため、子どもらのご機嫌取りに(笑)
入園料がかかるのが惜しいけど、短い時間で子どもたちは充実した遊具の数々で密度濃く楽しんでた。

充分遊んで、今度は海岸沿いを西へ移動!
本日のお宿、玉造温泉へ。

161009i.jpg

2泊目の宿は「ホテル玉泉」。
言わずもがなの素晴らしい泉質の広々とした温泉と、美味しすぎる海の幸料理を堪能して、眠りについたのでした。

3日目につづく。
中国地方旅行(岩国〜倉敷〜鳥取〜島根)①
秋の連休を利用して、中国地方旅行に行ってきた!

旅行強化期間の1つで、一度鳥取砂丘に行ってみたかったのた。
ただ、福岡から鳥取は遠い〜。特に砂丘は遠い!
色んな交通手段を検討した結果、中国地方をぐるっと車で回ってみようという事に。

1日目。

移動距離がとにかく長いので、朝早くに出発!

161008.jpg

関門海峡を渡って本州上陸〜。
まず最初の目的地は、山口県岩国市にある「地底王国 美山ムーバレー」という知る人ぞ知る?穴場スポットへ。
友人家族が行った際に、謎解き好きのtomoは絶対楽しめるはずと強くおススメされたのだ〜。

受付でLEDライト付きペンと冒険の書をもらっていざ王国内へ!
ちなみに、アトラクションは難易度別で3つに分かれていて、uzoicとtomoは上級編、私とharuは初級編にチャレンジ!

161008a.jpg

鉱山跡を利用したという薄暗い地下空間は、かなり広くて雰囲気満点!
「超古代文明」をコンセプトとしたテーマパークらしく、中は迷路のようになっていて、所々に「オーパーツ」という謎の物体のレプリカ?が置かれていて怪しい雰囲気をかもし出している。

161008c.jpg

ちなみに「オーパーツ」とは、「それが発見された場所や時代とが全くそぐわず、なぜ存在するのかが謎とされている物体の総称」で世界中で出土されているらしい。興味ある人は「オーパーツ」でぜひググってみて。

初級も上級も同じ場所で謎解きをするのだけど、その謎の難易度が違っていて上級編はよりわかりにくくなってる感じ。

161008d.jpg

とにかく薄暗く、怪しいモニュメントとか不気味な音が鳴る場所もあり、haruは半べそかいて抱っこで移動しなければならない部分もあったけど、tomoはもちろん大人も本気でかなり楽しめた!

161008e.jpg

地底湖とか滝とかもあるんだよ〜。
とにかく広い!
そして、いい感じで人が少ないので(笑)、中でも時々人に会うくらいで、純粋に謎解きを楽しめるのもよかった。あんまり人が多いと謎解きはできないもんね。人が全然いなくてもなんとなく恐いし(笑)
なんとか全ての謎を解いて、みんな無事にゴール!
初級編の方が早かったかなー?

その後、tomoとuzoicは砂金採り、haruは天然石掘り体験にチャレンジ。

161008f.jpg

天然石掘りは簡単だけど、砂金はかなり難しかったみたいで、時間内でなんとか小さな1粒ずつは採れたかな~といったところ。
ロマンがあって面白いけどね。

その後、山陽自動車道で一気に東へ。
岩国も、宮島も、尾道も、しまなみ海道も観光名所全てすっ飛ばして、お昼も途中のSAで食べて、あっという間に岡山県突入。

161008g.jpg

なんとか陽が落ちる前に、目的地倉敷到着~。

161008h.jpg

着いた頃がちょうど夕暮れ時という事もあり、倉敷美観地区は雰囲気あって素敵!
初日の宿は、この美観地区内にある「料理旅館 鶴形」という歴史あるこれまた素敵な旅館。

161008i.jpg

料理旅館というだけあって、食事も全て美味しかった…。
落ち着いた純和風のお宿で、長距離移動の疲れも、ゆっくり癒す事ができてよかった。

2日目へつづく。
プロフィール

kaoringo

Author:kaoringo
2004年10月9日生まれの息子
「tomo」と
2009年12月11日生まれの娘
「haru」の母
パート薬剤師

メインサイトは「Ringoic Home

MY PAGE
最新記事
最新のコメント
Instagram
Twitter
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
カウンター
いくつになったの
RSSフィード