ニューおぱんちゅとトイレトレ停滞中
haru用のおぱんちゅ追加~。

s312.jpg

3歳までカウントダウンに入ったharuだけれど、トイレトレーニング停滞中。

おしっこはほぼ失敗無しなのだけど、問題はう○ち。
断固としてトイレではせず、立ったままパンツにしてしまうのだ。
そのたびに風呂場に直行して、お尻を洗い、パンツを洗い、着替え。
夏場はよかったけど、これからの季節は寒そうで嫌なんだよね~。

やる前に「でそう・・・」と訴ることはできるし、ほぼ時間も決まっているし、出る時間も短いし、もう条件は整っているのに、トイレではやろうとしない!
一応座ってはみるものの、「やっぱりでらん・・・」と出てきて、パンツ履いて、部屋のう○ちスポットに行って排便(泣)
先日なんて、トイレに入って便座に座り「ママはそとにいっとって。ドアもしめとって」と締め出され、しばし待つこと数分。
「う○ちでた~」と言うので、ついにやったか!?と大喜びでドアを開けたら、トイレの中でパンツを履いて立ったままいつものようにパンツにやっちゃったharuの姿が・・・ガックシ。

もうね、頑固なharuなので無理強いはできないことはわかってるので、いつかできるようになる日を信じて待つしかないのよ。
2人目だしね。焦ってないけどね。いや、3歳になるし、ちょっと焦るけどね。
ま、本人のタイミングや何かのきっかけがあるのでしょう。待つしかない。

ということで、おしっこだけなら1日1枚で十分なおぱんつなのだけど、1日1~2回の排便のたびにおぱんつを替えなきゃいけないので、枚数が足りないのだ。
tomoのお下がりのトレパンはたくさんあるのだけど、太もも周りが大きすぎて、今の時期は風がスースーして寒そうなので(笑)、やっぱりサイズぴったりの普通の布パンツがよかろうと作ってみた。
以前に2つ作ったのだけど、追加で4枚。
市販のパンツも買ってみたけど、家にあるニットのハギレで作った手作おぱんつは、手触りがサイコー。

さて、いつになったら完全パンツになれるのか。
う○ちもだけど、そういえば夜も全然ダメなんだよね。
夜だけは紙オムツだけど、朝になるとたいていズッシリ。たまーにしてない時もあるけれど、大抵ダメ。
どうも、紙オムツだとおしっこOKなのわかってるみたいで、寝る前でも紙オムツ履いてたら、トイレに行かずにオムツにしてることが多い。
これはスパルタで夜もトレパンとかにした方がいいのか?
でもこの洗濯物が乾きにくい時期にそれをする勇気がない・・・

いつかできるようになることはわかっているけれど、来年春までにはせめてう○ちはトイレでできるようになってて欲しいなーと思う母なのでした!
haru2歳7か月~個人面談とトイレトレ
haruもいつの間にやら2歳7か月を迎え、ちょっと早めの夏休みに突入しとります。

夏休みに入る前、幼稚園で個人面談があったのだけど、そこでharuの園での様子を伺ってみると・・・。

・朝泣く事はなくなったけど、テンションが上がってくるまでの時間がその日によって違う
・基本的に1人遊びが多く、お友達が寄ってきて一緒に遊ぼう(おもちゃを横取り?)とするとギャン泣き
・先生に注意されるとギャン泣き
・泣き方は地面にベッタリうつ伏せで、声をかけてもおさまらないので基本的に放っておくとそのうち自ら泣き止み復活
・泣きだすと「ティッシュ取って~」が常套句で、先生たちが「自分で取りなさいよー」と言っても断固拒否。そのうちお友達たちがティッシュを取ってきてくれるという・・・
・ティッシュで涙や鼻を拭いたら「これ捨てて~」というのもセットで常套句。先生たちが「自分で捨てなさいよー」と言うも断固拒否。そのうちお友達が寄ってきて捨ててくれるという・・・

おいおい、大丈夫か?
超~わがまま女子じゃないか?
めっちゃ面倒くさい女じゃないか?
先生方に迷惑かけまくってないか?

120717b.jpg

どうも、基本的に負けず嫌いで後には引けない性格らしく、親や先生なんかに注意されてもその場では言う事を素直にさっとは聞けない様子。
なので後に引けず一旦「ウギャーっ」とひとしきり泣いた後、それが治まってからは言われた事を納得して以後しなくなるという感じ。
ちなみに注意というのも、1つは園で先生が「おトイレに行った?」」とか質問しても気分がのらないとプイ~と無視して横を向くというのが繰り返しあったので、「haruちゃんもお友達に話しかけてプイってされたらイヤでしょう?先生が質問したらちゃんと答えてね。」と言ったもの。
その時はやはり「ウギャーン」と泣いた後、以降はちゃんと返事するようになった様子。全くもう。
他にも砂場で遊んだらちゃんと片付けるとか、お友達にちょっかいかけて嫌がってるのにしつこくしてるのを注意されるとか、色々。
さらに独占欲や競争心もあるので、自分がそこまで欲しい物じゃなくても他の人が欲しがったら独占しちゃう傾向がある。
先日もお店のおもちゃ屋のサンプルで遊んでいて、そろそろ飽きてきて次に行こうとしたときに別の子が寄ってきて遊びたそうにしてるのを見たとたんに、ぎゅっとつかんで「私まだ遊んでるの」オーラをまき散らしてた(笑)
その子が諦めてよそに行っちゃってからやっと離して別の場所へ。
なんだかなーもう。2歳児ってこんな感じかね。
tomoが今さらながら本当に聞き分けが良くて手がかからなかったからな~。ま、今はアレですけども。

120717c.jpg

おっと脱線。
園の様子に戻ると、まぁ5月から約2歳半で初めての集団生活スタートして、まずは慣れることが第一だったので、ある意味これだけ自分を出してギャン泣き出来てるってのは甘えてる証拠だからまぁ当初の目的は達成したということなのか・・・。

一応ネガティブな事以外にも、
・歌やダンスは好きなようで、大きな声で歌ったり踊ったりしている
・製作(絵や工作)も好きなようで、皆の前で先生が一度やる事を説明すると大体それで理解して正しく製作ができている
・絵も上手できちんと顔が描けている
・給食も最初は残したりしていたけど、7月に入ってからは食べるスピードもアップし、ほぼ完食
といった様子を聞かせてくれた。

偏食傾向のharuは給食がちょっと心配だったけど、ちゃんと食べられているようなので一安心。
とりあえず、夏休み明けにまた振り出しに戻ってないかが心配ですねーと先生とお話しして終了。
最後におそるおそる「あの~、クラスでやっぱりharuが一番泣いてるんでしょうかねぇ?」と聞いてみると、
「そうですね~。泣く回数をグラフにしたら断トツでharuちゃんが1位でしょうね」と満面の笑みで言われたのでした・・・。



そして、七夕の願い事にも書いたこの夏最大の目標、「オムツ卒業!

幼稚園に行っている間は、6月以降はほぼトレパン生活で、失敗も週に1~2回といった感じでいい感じできてたんだけど、問題は自宅。
家でも同じようにトレパン履かせても、ほぼ事後報告のみ。
誘っても気分がのらないとトイレにも行ってくれないし、難航していたのだ。

個人面談の時に園でトイレトレはどんな様子か聞いてみると、自分からトイレに行くという時もあるけれど、基本的には1時間に1回はみんなトイレに誘っているとのこと。
そうか~。まずは事前報告の前にこちらから誘ってきちんとトイレでおしっこさせるのが大前提なのね!

120717a.jpg

という訳で、夏休みはほぼ1時間ごとにトイレに誘い、おしっこさせることにトライ。
誘っても嫌がるのを回避するため、トイレにごほうびシールを設置。上手にできたらシールを貼るようにすると、誘いを拒否することはなくなった。
それでもウンチは絶対にパンツでやるし、時々ちょびっとおしっこしてる時もあるけど、今はまずこの方法ですすめてみるしかないな。

これまたtomoの時はオムツ卒業がかなりすんなりうまくいったので、今回どうすりゃいいのか・・・。
今の所事前報告はほぼ皆無なので、オムツ卒業がいつになるのか全く不明だけど、とりあえずボチボチやってみるか。

夏休みに入ると同時に発熱し、3連休を療養で過ごしたharu。
おそらく夏カゼのヘルパンギーナだったっぽいけど、やっと回復したので、これからやっと夏休みを満喫するぞ~。
とはいっても、週の半分以上は私が仕事なので、じじばばん家でお世話になる訳ですが。
相変らず日に最低1度は爆発(ギャン泣き)してるし、わがまま真っ盛りといった感じですが、どうぞよろしくお願いします~。
トイレトレもね♪うふ。
haru2歳4か月とトイレトレーニング
tomoの進級だのharuの入園だのでなんだかバタバタしているうちに、いつの間にか2歳4か月に突入。

120424b.jpg
何でもにぃにの真似をするharu(髪がボサついてるのは気になさらないでー)

最近の変化といえば、おしゃべりが上達したのはもちろんだけど、何より泣き声がパワーアップした事。
もともと普段の声は小さいくせに、泣き声だけはかなり大きかったharu。
最近はそれがさらにパワーアップして、しかも超音波のように泣くようになってしまったので、周囲はかなり迷惑(>_<)

よく泣く理由BEST3
3位 「ケガしたり痛みを感じる時」
もうほ~んのちょこっとケガしただけで、それは世界の終りのような泣き方。
そして、「おさえとって~!!(泣)」としばらくケガした部分を手で押さえて欲しがるのがかなり面倒。
しかもたちが悪いのが、tomoの手や物がちょっと当たっただけで、そんなに痛い訳ないのに「いたいーっ!!!」とそれはそれは大げさになくのだ。わが家では「当たり屋」と呼んでいるくらい(笑)

2位 「自分の思い通りにならなかった時」
まぁこれは、この時期特有のものだと思うけど。○○が食べたいけどくれない→泣く、△△やりたいけどダメと言われる→泣く、洋服などを自分で着ようとするができない→泣く。そういった感じ。

そして堂々の第1位は~・・・「tomoにちょっかいかけられた時」
これがねー。tomoが無駄にちょっかいかけなければ、1日のharuの泣く回数の半分は減るんじゃないかと思われる。
例えばどんな感じにちょっかいかけるのかというと、haruが舌足らずの言い方で「□□□がね・・・」などとおしゃべりしていたとすると、
tomo「□□□って何?」
haru「□□□!」
tomo「だから、□□□って何?」
haru「□□□!!
tomo「□□□って何って?」
haru「ぅぎゃーっ!!□□□!!!(泣)」
・・・といった具合。
親としては、tomoにほっておけ!って言いたくなるのわかるでしょ?
しかも、そこまで意味不明な事は言ってなくて、tomoも明らかに意味わかってるはずなのに、正しく発音してないってだけでこの厳しさ(笑)
あんたも2歳の時にはこれくらいの発音だったっつーの!はぁ。

120424c.jpg
ベイブレードの腕も上達。構え方も堂に入ってる(笑)

まぁね。兄妹の小競り合いなんて放っておけばいいんだけど、何せ最近のharuの神経を逆なでするような超音波泣きと、お出かけ前や夕飯準備など忙しい時間に限ってこんな事されると、haruはウギャーっと泣きながらこっちにやってくるので、やってる事中断しなきゃならないし、しかもharuは一度泣くとなだめる→ティッシュで目をふく→鼻をふく→まだ新しいティッシュを要求→目をふく→・・・とエンドレスになるのでとにかく面倒くさいのだ。

120424d.jpg
回った~

しかも超内弁慶で、かなりの人見知りなので、まもなく始まる幼稚園生活・・・かなり不安です。
入園式や懇談会などharuと一緒に園に出向く機会が数回あったのだけど、相変らずの無表情。
haruのクラスは20名中男の子12名と男所帯だし、自己紹介の様子からするとやんちゃ系が多い様子。
すでに小競り合いがここかしこで繰り広げられる中、haruは真顔で遠巻きに見つめるのみで私の側から微動だにせず。
大丈夫か!?

でも、今でも私が土曜出勤の時とか仕事に行くときもパパがいれば泣いたりしないし、なにより2歳児のくせにすでに1人でみーママ宅ならお泊りできるのだ!すごくない?ただのジジババっ子ってこと?
まぁ、案外慣れるのは早いのでは?と楽観視してるのだけど、どうなることやら。

120424a.jpg
昼寝後おおやつ(?)にひじき。しぶい・・・

そうそう、入園へ向けてのトイレトレーニングの一歩として、ちょっときまぐれにトレパン履かせてみたのだけど、全くダメ。
本人は「パンツはく~」とか言って嫌がりはしないのだけど、「おしっこでた~」の事後報告のみ。
寝起きなど出そうな時にトイレに連れて行っても、絶対に補助便座ではせず、その直後にパンツでするのだ。
さらに、トレパンはかせてみてわかったのだけど、おしっこの間隔がまだ短い。
正確には安定してない?というか、すごく間が空く時と、たて続けに短い間隔で何度もおしっこする時の差が激しいのだ。
おしっこをがまんして溜めておくという感覚がまだないのかも。う~ん、まだまだだな。

・・・という訳で、現在はトイレトレーニングはストップ中。
本人も「オムツの方がいい~」とか言い出し始めたので、ここで無理強いするのはよくないかと思い切って中断。
本格トレーニング開始は、まずは園生活に慣れてから、園と協力しつつタイミングを計りながら一気にすすめていきたいところ。そしてこの夏にはオムツ卒業できればいいな~。

さてさて、haruにとってはこれからスタートする新生活。
なるべく早く慣れて、楽しく過ごせるようになりますように。
雪遊びとharu2歳2か月の記録
この週末、雪の少ない福岡でも珍しく積もったー!

120219d.jpg

雪がまだ降りしきる寒い中、子供らはかなり貴重な雪遊びを満喫!
大きな雪だるまを作ったり、雪合戦をしたり。
あまりに雪が降っている時は、haruは雨宿りならぬ雪宿りをして・・・(笑)
haruにとっては初めての雪遊びだったけど、楽しそうに雪合戦をするtomo(・・・や大人げなくはしゃぐ親たち・笑)を見て、楽しい雰囲気を感じ取ったみたい。
ちょこちょこと雪玉を拾っては、パパやtomoに投げつけたりして、自分なりに楽しんでた。

そして翌日。
まだ雪が残ってる!

120219e.jpg

雪が解けてしまう前に、慌てて午前中からまたもや雪遊び開始!
今度は家族4人分の雪だるまを作ったり。
雪の残る公園内を散歩したり。
木に積もった雪を、パパが揺らして落としてくれたり。
最後の雪で雪合戦!
haruもキャーキャー叫びながら雪を投げて楽しんだ。

昼にはあっという間に溶けてしまった雪。
でも、がんばって作った大きな雪だるまはまだ残ってた。
福岡でこんなに雪が積もるのは3年ぶりらしい。
貴重な雪遊びを家族で満喫できてよかったねー。


そして・・・気づけばharuは2歳2か月を迎えてた。
(そういえば、2歳1ヶ月の記録を残してなかった~。)

最近ではますますおしゃべりも上手になり、長い文章もしゃべれるように。
よく独り言を言ってままごとを楽しんでる。
鼻歌も多いかな。

120219a.jpg

自己主張もますます激しくなり、にぃにへの小言(?)も多くなってきた。

「にぃに、ちゃんとすわって!すわらないかんやん、もー」

「あー、これはーちゃんのーっ!!とらんでって、もーっ!」

「(tomoが急に大きな声を出して・・・)びっくりしたー。もー。うるしゃい!」

この最後の「もー」がポイント。
・・・私そっくり(笑)
小言も言い方が私そっくりなんだなー、これが。
う~ん、子供は親の言い方を真似するもんだけど、女の子は特に顕著なのかも。
わが身を振り返るいいチャンスか!?
今後ますます気を付けなければ・・・(でも小言は増える一方・泣)

120219f.jpg

2人目ともなると、色々と成長に伴って与えるグッズ(?)の出すタイミングを忘れてしまって。
例えば、はさみとか、お箸とか、三輪車の自分漕ぎとか。
ふと思い立って、三輪車を自分で漕ぐ状態(今までは押してあげるだけで、車輪は空回り状態だった)にして乗せてみたけど、まだちょっと早かったのか?
ちょっとがんばって漕いでたけど、すぐに下りて諦めてた。う~ん。
もうちょっと暖かくなったら、練習しようかねー。

お箸は、tomoのお下がりのエジソンのおはしを与えてみたら、すぐに上手に使いこなせるように。
まね。ここまではうまくいくんだよ。
この後サポートおはしから普通のお箸に移行するのが難しいんだよなー。

はさみはまだ与えてないけど、そろそろチャレンジさせてみようかな?

それより、そろそろトイレトレの事考えなきゃだよなぁ(^^ゞ
これも、2人目の悪いクセ(?)なのか、あまり深く考えてないという・・・。
漠然と、今年の夏頃には外れればいいな~とは思ってるけど、今は全く何のトレーニングもしてない状態。
ウンチはした後には必ず教えてくれるけどね。
トイレも特には怖がってないようで、誘えば座ったりもするけど、まだ便座でやった事はない。
まー、5月から幼稚園の2歳児クラスに行くので、幼稚園の協力を得て外れればいいな~なんて無責任な事考えてたり(^_^;)

でもまぁ、なんだかんだ言っても、毎日健康で元気に笑顔で過ごせてるのが一番。
今の時期、仕事が忙しくて毎日疲れてるけど、haruの笑顔を見ると癒されるのだ~。
このまま、元気にすくすく育っておくれ。
わがままはほどほどにね。



haru2歳2か月の記録

・ジャンプが得意になって、毎日よくジャンプしてる

・コップで「ぐじゅぐじゅ~ぺっ」ができるように

・エジソンのお箸を上手に使える

・レゴデュプロでブロックを繋げて遊べるように。積み木は相変わらず好き。

・ままごと遊びはほぼ毎日。色んな料理(?)を作ってくれる。

・長い文章も言えるように



メインサイト「Ringoic Home」で、アルバムをアップしました。
2歳の成長記録
先日、2歳の誕生日を迎えたharu。

111215d.jpg
そうじ好き・・・

イヤイヤまではいかないけれど、自己主張は確実にはっきりしてきた。
あわせておしゃべりも上手になってきてるので、会話が・・・おもしろい。

「○○、おいし~」
「○○、はーちゃんすきー」
「○○、まだたべゆー。もっとちょーだーい。」

tomoとケンカして・・・
「エーン。エーン。(すでに嘘泣きっぽい)」
「にぃにーがー。あたったー。かた(肩)にー。いたかったー。」
「エーン。エーン。(haruちゃん)なきよう~。(泣きよる~)」
「にぃに、きぁい!(きらい)」

私の携帯片手に・・・
「あ、もしもしー。はい。はい。」
「うん。うん。・・・やばい。」
「うん。じゃーねー。あしたねー。ばいばーい。」

などなど。

ずっとロボットみたいに片言な口調だったのだけど、最近は「あれ?あれ~?どこいった?」とか「いった~(痛~)」とか「あー、いたかったー」など、かなり感情を込めて言うので笑える。
そして完全なる博多弁(笑)
あと、「じぅんでー(自分で)」ブームが来つつあるので、色々面倒にはなってきたかな。

111215b.jpg
絵本をじっと見ていると思ったら・・・

111215a.jpg
「ママ、みてー」
??この顔は?

111215c.jpg
だるまさんの真似だった!
そっくり~(笑)

基本的に夜型人間なのか、朝が苦手なのか、午前中はテンション低めで夕方から夜にかけてがテンションMAX!
夕方、寝室のベッドの上で洗濯物を畳んでいるときに、tomoと2人で毛布にもぐってかくれんぼしたり、ジャンプして布団にダイブしたりとゲラゲラ笑い転げながら暴れ回るってのが毎日の日課。
暴れてほしくはないけど、あまりに2人が楽しそうで仲良く遊んでて、毎日この時間を楽しみにしているようなので、黙認している次第・・・。
2人とも一応邪魔しながらも手伝ってくれるからまぁいっか。

基本的にわがままで、気に入らない事があったらすぐ泣くけれど、最近は放っておいても結構すぐに泣き止んで、うまく自分で気分を切り替えたり、誰かに甘えてきて抱っこしたり涙を拭いてやったりしたらすぐに復活する事がわかったので、案外対処が楽かも。
ま、まだわかんないけどねー。

111215e.jpg
ぶどうとさくらんぼがお気に入り♪

ついに魔の2歳児に突入したharu。
どんな成長を見せてくれるのか、期待半分不安半分でございます~。



haru1歳11か月の記録。

・ジャンプが一瞬だけどちゃんと宙に浮くようになった

・服や靴の着脱を自分でやりたがる(できる時もあるができないと怒る)

・ままごとブーム。人や人形に食べさせたり、1人の時も何やらブツブツと独り言を言いながらほぼ毎日遊んでる。

・相変わらず歌好きで、童謡やアンパンマンの歌などをよく歌う



メインサイト「Ringoic Home」で、アルバムをアップしました。
プロフィール

kaoringo

Author:kaoringo
2004年10月9日生まれの息子
「tomo」と
2009年12月11日生まれの娘
「haru」の母
パート薬剤師

メインサイトは「Ringoic Home

MY PAGE
最新記事
最新のコメント
Instagram
Twitter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
カウンター
いくつになったの
RSSフィード