家族の日<年少>
先日の土曜日、haruの幼稚園で「家族の日」という名の参観イベントがあった。



ま、母の日と父の日の合体イベントみたいなもん。
登園して、制服から体操服に着替えて、朝の挨拶から始まる一連の朝の会の流れを見学した後、ダンスや親子でゲームなどのイベントがあるというもの。

まずは朝一からひと悶着(笑)
登園して体操服に着替えた後、みんな準備ができるまでしばらく自由に遊ぶ時間があるのだけど、haruも教室の後ろのブロックで遊んでいたら、お友達の弟(1歳くらい)がharuの席に勝手に座ってしまったのだ。
それを見たharu、大泣き!
その弟くんのお母さんは現場を見ていなかったのか対処してくれなかったので、仕方なく私が弟君を抱っこして「ごめんね~」と下してやっと泣き止んだ。
しかし、その後は一切自分の席から離れず(笑)
しかも、その弟くんの一挙手一投足に釘付け!また自分の席が狙われないかどうか、真顔でず~っと目を離さないのだ(笑)
心配性というか負けず嫌いというか、面倒な性格だよ・・・。

130611b.jpg

朝の会が始まってからは、時々こっちをチラチラ見ながら時折笑顔を見せつつ、歌やお遊戯は上手にこなしてたかな。

130611c.jpg

親子でやるゲームは、父の日が近い事もあり半分以上の子はお父さんとやっていたのだけど、haruはもちろん私を選択(笑)
お陰で、両足に乗ってペンギンさん~とか、足の間を通ってトンネル~とか、楽しそうにやってた。
これ、uzoicとやってたら笑顔を見せずきっと真顔でやってただろうな~とuzoic本人予想(笑)

その後、親子で広げた新聞紙の上に乗って、先生とのじゃんけんで負けたらどんどん新聞紙を半分に折っていって、乗れなくなったら負け~というゲームで、最後まで残った親子数組にはご褒美にアンパンマンメダルがもらえる!というシーンがあり、負けてもらえない事がわかった3歳児たちがそこかしこで大泣きするというハプニングもあり。haruもご多分に漏れず泣いてたし。

最後に再び体操服から制服に着替える場面では、疲れたり眠くなった3歳児たちがこれまたそこかしこでグズグズ。
これはharuはそこまでぐずらずちゃんと着替えていたけど、あまりにクラスの収拾がついてなかったので、いつもどうやってるんだろう・・・と後で思わず先生に聞いてしまったほど。
ま、いつもはこれほどではなく、多分お母さんたちが見に来てるから甘えてグズグズになっちゃったらしいけど。

130611d.jpg

相変らず朝に園で別れる時は全く笑顔を見せず消え入るような小さな声でしか挨拶しないharuだけど、先生曰く体操服に着替えたら絶好調になるらしいので、去年の、お昼くらいからやっとテンションが上がってくる状態からは改善してるみたいなのでよかったかなー。

朝から笑顔で行ってきますと言えるようになるのはいつの日か・・・。
乞うご期待!
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

kaoringo

Author:kaoringo
2004年10月9日生まれの息子
「tomo」と
2009年12月11日生まれの娘
「haru」の母
パート薬剤師

メインサイトは「Ringoic Home

MY PAGE
最新記事
最新のコメント
Instagram
Twitter
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
カウンター
いくつになったの
RSSフィード