泣く理由
今日はちょっと近くに行く用事があったので、お昼とおやつを持ってれいえもん宅へ遊びに行ってきた。

相変わらずのマシンガントークを堪能してすっきり~♪
子供たちもそれぞれ楽しそうに(?)遊んでたし。

そんな中、廊下でよちよち歩いているmizちゃんとすれ違うときに、tomoが勢いよく動きすぎて、mizちゃんが尻餅ついてしまった。
びっくりして泣き出すmizちゃん。

その様子を見た私が「ほら~。よく見てね。ゆっくり歩いて。」と声をかけたら・・・。

ブルブルと肩が震えだし(後ろを向いていて顔は見えなかった)、しばらくして・・・「ぅ・うぇ~ん!!」と一緒にtomoも泣き出してしまった。

れいえもんがなだめてくれても、なかなか泣き止まないtomo。そしてmizちゃん(笑)

自分ではそんなつもりなかったのにmizちゃんを泣かせてしまったのがショックだったのか、私に怒られると思って悲しくなったのか、自分のせいじゃない(と思ってる)のに私に注意されて悔しかったのか、泣いた理由はよくわからないけれど、いつもはすぐに泣き止むところがちょっとだけ長く泣いてたtomo。今までに無い理由で泣いてるのを久しぶりに見たなぁ。
子供の頃って、こういうった場面で泣く事あるよねーとれいえもんと懐かしく思い出したりして(笑)


そして家ではこんな場面も。

私が夕食の準備してたら、「ママー、たいへん、たいへん!カーテンのところにへんなむしがおる~!」と慌てて駆け寄ってきた。
私自身も虫は大の苦手なのだけど、tomoの手前なるべくそんな姿は見せないようにしていて、この時も足の長~いくせに体は小さすぎる気持ち悪い虫だったのだけど、「あ~、だいじょうぶ、だいじょうぶ」と言いながら、その辺にあったティッシュで捕まえて潰して捨ててしまった。

普通の蜘蛛とかなら、捕まえて外へ逃がしてやるのだけど、今回はちょっと時間も無かったし、気持ち悪かったので、早くに処理してしまいたかったのだ。
するとtomoは「なんでつぶしたとー!おそとににがしてやればいいのに」と非難めいた事を言い出した。
私は適当にごまかしつつ夕飯の準備をすすめていたのだけど・・・あまりにtomoが静かになったのでそ~っと近寄って覗いてみると、黙ってこっそり泣いているではないか!
静かに袖で涙を拭いているtomoに、「なんで泣ききよーと?」と聞くと、「さっきのむし、ママがつぶしたけん」「かわいそうやった~(泣)」と言うのだ。

「ごめんねー。今度から、ちゃんと逃がすようにするね。」と謝りつつ、こういう事で泣くようになったかーと、心の成長に触れてなんだか微笑ましくなってしまった私。


最近はさすがに、赤ちゃんの時に比べて格段に泣く事は少なくなったし、泣く時も「(コケて)痛い」とか「(ゲームに負けて)悔しい」とか「(本気で怒られて)悲しい」とかくらいだったのだけど、ちょっとずつ泣く理由のバリエーションが増えてきてるんだな~と実感した1日だった。
これから、感情もどんどん複雑になっていって、対応に困る事も出てくるんだろうな。
親も一緒に成長していかなきゃね。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

kaoringo

Author:kaoringo
2004年10月9日生まれの息子
「tomo」と
2009年12月11日生まれの娘
「haru」の母
パート薬剤師

メインサイトは「Ringoic Home

MY PAGE
最新記事
最新のコメント
Instagram
Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
カウンター
いくつになったの
RSSフィード