フェリシモ風抱っこ紐
両肩で抱っこするタイプの抱っこ紐を作ってみた。

s107a.jpg

... Read more ▼
手持ちの抱っこ紐で、スリングはササッと幼稚園の送迎時などに使っていて、ベコは園行事や買い物など長時間抱っこの時に使っていて、それぞれ活躍してるんだけど、haruの体重もようやく6kgを超え(先日の予防接種時に6300gになってた!)スリング抱っこがちと厳しくなってきたので、両方の中間にあるような両肩で簡単に抱っこできる抱っこ紐が欲しいな~、手作りできないかな~と、サイトを検索。

こちらのサイト(「【改訂版】フェリシモ風抱っこ紐の作り方」)を見つけ、早速作ってみた!

作り方は意外と簡単。
背当て部分と、紐部分をそれぞれ縫って、縫い合わせるだけ。
洋服を選ばず、パパさんも使えるように、薄手だけどしっかりしたリネンデニムの生地を使ったので、ステッチはジーンズステッチ糸の赤系を使ってちょっとアクセントに。

本家フェリシモサイトをじ~っくり研究し、こちらの作り方をちょっと改良して、三角の背当て部分をマジックテープで開け閉めできるようにしてみた。

s107d.jpg
こんな感じ。
これで、ちょっとは赤ちゃんを乗せやすくなったかな。

テープだけだと端がちょっと浮いちゃって、強度的にも心配だったので、ロットボタンもつけてみた。
s107b1.jpg

タグもつけてみたんだけど、これはちょっと付ける位置を失敗!
上の方に付け過ぎて、赤ちゃんを入れたときに手なんかで邪魔になって全然見えないの~。
どうせなら、もうちょっと下部分につけるべきだったな・・・。

赤ちゃんを抱っこしてみた感じはこちら。
s107g1.jpg
幅広の肩紐で支えるので、スリングよりは断然ラク~♪
ちょっとの間なら両手も離せるしね。
装着は上からシャツを着るようにスポッと被る感じ。
背中のバッテン部分は縫い合わせてないので、装着する時にちょっとねじれたりして手直しが必要だけど、ベコよりも時間はかからないかな。

そして、【改訂版】って事で、紐部分が1ヶ所ねじれてあって、作ってる時はこの部分がどうなるんだろう・・・?とちょっとよくわからなかったんだけど、実際に抱っこしてみてなるほど!と感心。
ねじれ部分に丁度赤ちゃんの足(太もも)が乗って、安定するし負担もかからりにくいみたい。
ねじれる分、紐の裏側が背中に見えちゃうので、本家抱っこ紐のように裏地に柄物もってきたりして遊べないけど、使いやすい方がいいもんね。

この抱っこ紐のいい所は、軽くて畳むとコンパクトになるところ!

s107h.jpg
こんなにコンパクトに!
ねじれがある分、ちょっと畳みにくいけど、布なのでどうにでもなる。

携帯しやすいように、収納用の巾着も作ってみた。
s107i.jpg


スリングの手軽でコンパクトなところと、ベコの両肩でしっかり楽に抱っこできるところと、両方のいいとこ取りした抱っこ紐ができたかな~。
これからは、状況で抱っこ紐を使い分けていこうっと。


布:
CHECK&STRIPE(幅広リネン混デニム)
RickRack(麻デニム/ブラックウォッチ)

タグ:
Pres-de(Pres-deオリジナル 葉っぱ柄 挟みタグセット)
CHECK&STRIPE

パーツ:
Az-net手芸
 


パターン:
びぃだま日和さん(【改訂版】フェリシモ風抱っこ紐の作り方

※本家サイトはコチラ→抱っこひも
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

kaoringo

Author:kaoringo
2004年10月9日生まれの息子
「tomo」と
2009年12月11日生まれの娘
「haru」の母
パート薬剤師

メインサイトは「Ringoic Home

MY PAGE
最新記事
最新のコメント
Instagram
Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
カウンター
いくつになったの
RSSフィード