多汗症?
以前、haruは寒がりなんじゃないかという事を書いたのだけど、最近暑くなってきてわかったのは、あまり汗をかかないタイプなのかな?という事。

もちろん、お昼寝の後とか、背中にじっとりと汗をかいてる時はあるのだけど、そんなに多くない。
先日の旅行で長時間チャイルドシートに乗ってたときや、園行事で炎天下の中抱っこ紐で抱っこされてた時など、「こりゃ~汗びっしょりだろうなー」という時でも、背中にほとんど汗をかいてなく、サラッとしてる事もあるのだ。

基本的に寒がりで、汗はあんまりかかないタイプなのかな~と思ってたのだけど。
たまに、局所的に驚くくらい汗をかく時があるのだ。

それは、足の裏。
それも、特別暑い時や興奮した時という訳でもなく、脈略もなく突然足の裏がびっしょりになってるのだ。
その時は手のひらもだいたい濡れてたりする。
でもそれ以外の背中なんかは全然汗かいてないのだ。

赤ちゃんは手のひらや足の裏で体温調節をするって聞くけど、これはちょっと特殊だよな~・・・と思って、ちょっと調べてみると、こんな言葉がヒットした。

手掌足底(しゅしょうそくてい)多汗症

ひどく暑いわけでもなく、また激しい運動をしたわけでもないのに、緊張したときなどにぐっしょりと汗をかくのが「多汗症」。中でも手のひら、足の裏、腋、顔面など、特定の部位の発汗が多いのが「局所多汗症」で、特に多いのは手のひらと足の裏の多汗症で、「手掌足底多汗症」と呼ばれるらしい。

う~む。
もしかして、これなのでは?

もちろん素人判断だし、まだ赤ちゃんだし、なんともいえないのだけど、関連サイトを見てみると、「多汗症の人は、乳幼児期にはすでに手のひら・足の裏が汗ばんでいるなどの症状が現れており、物心がついた時にはすでに自分は多汗症だったという人がほとんど。」とか「小さい頃手をつないで歩くのがたいへんだったとか、赤ちゃんのときに靴下を履かせるのが大変だったということを、後になって母親から聞かされたという人もいる。」などと書かれてあるサイトもあり、可能性は高いんじゃないのかな・・・。

ま、命に別状のあるもんじゃいし、そこまで深刻に考えてはいないのだけど、大きくなってから生活に支障があるほどだったらかわいそうかな~と。
交感神経の働きが良すぎるのが原因だそうで、治療には交感神経をブロックする手術なんかがあるみたい。
今考えすぎても仕方ないし、成長するにつれて気にならなくなるかもしれないし、まだわかんないんだけどね。

女の子だし、将来裸足でサンダルとかパンプスとか履き辛いのでは・・・
汗のせいで足が臭くなったらどうしよう・・・(爆)
などなど、色々考えちゃうわー。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

kaoringo

Author:kaoringo
2004年10月9日生まれの息子
「tomo」と
2009年12月11日生まれの娘
「haru」の母
パート薬剤師

メインサイトは「Ringoic Home

MY PAGE
最新記事
最新のコメント
Instagram
Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
カウンター
いくつになったの
RSSフィード