現実主義
ある日の夕方。
某NHK番組で流れる歌を聴いていたtomo。
その歌の内容は、きみ(友達?)の力で空も飛べるんだ~ってな感じだったのだけど、それを聴いて1人でTVに向かってつっこんだ言葉が・・・

そんなわけないやろ!
空飛べるわけないやろ~

・・・・。


さらに先日。
幼稚園の先生と好きな食べ物の話をしていたtomo。
サンザシ」という中国のドライフルーツというマニアックな物の名前をあげたtomoに、先生はどんな物かわからず聞くと、

「細長くてね~、赤黒い色で、甘酸っぱいと!」

という説明。
知ってる私(というか、私も大好物)からしたら、とっても的確な説明なんだけど(笑)、もちろん知らない先生にはなかなか想像できなかったようで、後日絵に描いて持っていくことになった。

そして翌日。
赤と茶色と黒の色鉛筆で、微妙~な色合いの直方体の絵を描きあげたtomoは、その絵を先生に見せたらしい。
すると先生が、その絵をつまむ真似をして「おいしい~」と言ったところ、

それ、たべられんよ

と一言。

先生は

「?サンザシって食べ物じゃないと?」

と聞くと、返ってきた答えは・・・

「サンザシは食べ物だけど、それは紙だから、たべられんよ

ときたもんだ。

あ~夢が無いね~。
どんだけ現実主義者なんだ!!


でも、この間はharuとじゃれてる時に

「haruちゃ~ん、結婚しよう~

と言っていたので、思わず「お母さんとは?」と聞いてみたら

「だって、ママとはもう結婚できんもん。パパと結婚しとうっちゃろ~?」

だって。ぷぷ。
こういうかわいい所もまだあるんだけどね~。


それにしてもあまりの現実主義っぷり。
教育間違ったかしら・・・。
Secret
(非公開コメント受付中)

さんざし!!!(爆笑)
幼稚園児から発せられる単語じゃないよね(ぷぷぷ)
tomo君のサンザシの絵・・・・見てみたい(笑)
そうなのよー。
先生方やママ友たちに説明するのが大変で(笑)

描いた絵、写真に撮りたかったんだけど、すぐにもう持っていっちゃって。
でも、先生の机にずっと挟んであるよ。
赤茶色の細長い謎の物体・・・(ぷ)
プロフィール

kaoringo

Author:kaoringo
2004年10月9日生まれの息子
「tomo」と
2009年12月11日生まれの娘
「haru」の母
パート薬剤師

メインサイトは「Ringoic Home

MY PAGE
最新記事
最新のコメント
Instagram
Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
カウンター
いくつになったの
RSSフィード